いよいよ今回の作業のハイライト
社外メーターの加工取付のレポートです

お客様からのご要望は…

・キーONでオープニング演出がある
・白パネル
・スピードメーターは260km以上刻んであること
・スピードとタコのデザインの統一性
・ほかの人があまり付けてないメーカーだと尚いい
・ゼファーの純正メーターケースを活かすこと、外見が変わるのは絶対NG


そして予算以内で収めるというある意味最も重要な課題もありまして
いろいろ探し回った結果

5

エースウェルの新製品、CA085シリーズに辿り着きました
寸法表を見て、メーターケースを見て、これなら純正メーターケースに埋め込めそう…たぶん

というわけで発注、商品が届いたところで部品を眺めてどういう形でくっつけるか一通り考えてから
いよいよメーターケースの加工に入ります

…純正メーターの補修部品を注文した方はわかると思うんですけど
メーターの部品って高価なんですよね・・・これを切り刻むのは少々勇気が必要です
が、躊躇していたらいつまでたっても出来上がらないので

IMG_5045

IMG_5044

男は度胸!
もう後戻りはできません
メーター本体、ハーネスの通り道を考えて加工します


加工がひと段落したところで配線です
メーターには配線ハーネスがついてきますが…

IMG_5089

こんなにどっちゃり配線を付けたらヘッドライトケース内に収まるわけありません
ケースの外に出すのはカッコ悪いですし

IMG_5046

可能な限りスマートに作り直します
取り外してメンテナンスすることも考えて、カプラーで脱着できるようにします。

正直ケースの加工とかよりこの作業のほうが大変です
しかもお客様には見えない部分なのでやりがいは皆無ですが
手を抜けないところでもあります
当然時間がかかります…

さて配線が終わったらいよいよ取付


IMG_5048

どうでしょう、前から見たらごく普通の純正メーターです
メーターカバーはお客様のリクエストでブラックに塗装しました
樹脂部品ですのでガンコートではなく二液ウレタンでの仕上げです


IMG_5050

取付、動作チェックののちにメーター設定をして
実走にてスピードメーターの確認をします
今回オイルライン周りの部品も変えましたので、
もう一度シャシダイの上でもぶん回してオイル漏れなどないか確認してから…


IMG_5051
IMG_5054


ようやく納車です
実はまだ届いていない部品があったりするのですがそれはまた後日作業ということで。

大変お待たせいたしました、ありがとうございます
何かありましたらお気軽にお電話くださいませ

それではまた次回