前回の更新からずいぶん間が空いてしまいましたがその2です

IMG_6873


今回オーバーホールに至る原因となったピストンの焼き付きと
コンロッド大端部の不良
ピストン、シリンダー、クランクシャフトはすでに生産終了で
もう修理できない?!と思いきや
ピストンは海外向けのRD125LCリペア用製品が存在していました

シリンダーはそのピストンに合わせてボーリング
クランクはコンロッドとベアリングのみは現在も新品が購入できるので
それらを使用してリビルドクランクを制作することにしました

シリンダーのボーリングと併せてポートの面取り施工
クランクリビルドと精密芯出し
以上の作業は井上ボーリングさんにお願いしました


IMG_5092

今回はせっかく全バラにするのでお色直しもしましょう、ということで
エンジンも全塗装です

ガンコート+パウダーコートの合わせ技!

IMG_5091

燃焼室はウエットブラストで清掃します



IMG_5826

リビルドされて帰ってきたクランクシャフトです
素晴らしい

IMG_5113

エンジンの塗装も完成
ヘッドは結晶塗装のレッドです
シリンダー、クランクケースはガンコートのメタリックなブラック

IMG_5121

あわせるとこんな感じ
チューニングエンジンぽく見えますね


IMG_5828
IMG_5836
IMG_5837

下ごしらえが終わった部品を組み立てていきます
クラッチカバーやYPVSカバーはパウダーコートのHRブラックでざらざら質感

IMG_6843

エンジンを車体に搭載します
タンクものっけて全体のイメージを確認

純正とひと味違う雰囲気出てますかね?

次回いよいよ最終回…?